第2問:行列

0 0
それでは第2問の行列の対策について
述べていきます。


行列の問題の難易度ですが、ここ最近は
易化の傾向にあるようです。平成18年度から
平成22年度は難易度が高めだと思います。


僕は行列の問題の難易度を考え、行列を
捨てて勉強しませんでしたが、易化の
傾向にある行列を対策する価値はあると思います。


今年は行列が簡単だったそうで、多くの人が
行列を解いていました。


過去問のレベルまで対応できるようにするためには
はサイエンス社の問題集などといった
難易度が高めの問題集をやる必要があります。










サイエンス社の問題集に取りかかりましたが、
骨があり、結局挫折しました。


ですから、おすすめのプランとしては


余裕がある方:マセマ3冊+黄色の大学院入試問題集
余裕があまりない方:マセマ3冊
時間がないから1冊だけやりたい:キーポイント線形代数
















を提示します。最近のレベルだとマセマだけでも
かなりの点数が取れるだろうと思います。実際に
マセマだけでもかなり取れたという声を聞きます。




もともと線形代数は1冊だったのですが、2冊にわかれてしまったみたいですね。


キーポイント線形代数はコンパクトにまとまっていたので、自大の院試対策で
確認しました。難しいところもわかりやすく説明されており、学習しやすいです。
マセマはいやという方にはおすすめです。



ほかにも線形代数の良書はたくさんありますが、院試に向いていない日常学習用の
参考書がほとんどです。











ブログのアクセスが多くなるほど、更新のモチべがあがります。
どのバナーでもかまわないので、クリックをお願いします^^


ツイートやいいねも大歓迎です^^






FC2Blog Ranking
【トレミー】人気ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 







ページトップ